養成所の選び方

Pocket

タレント養成所と一言で言っても、様々な養成所があります。タレントという言葉を一つ取ってもそこから役者・お笑い芸人・モデル・歌手…等の職業のどれが当てはまるかを調べなければなりません。自分が役者を目指したいのならば発声や滑舌・演技を中心に教えてくれる養成所を目指した方が良いでしょう。

俳優養成所ということが分かったら、まずは講師の方を調べましょう。講師の人がどういった経歴なのか、どこの事務所の所属なのかは最低でも調べた方が良いです。講師の方が大手事務所所属の場合はそこの養成所は最低でもその事務所との繋がりがあるということなので、それだけでも入所するメリットがあります。逆に経歴が乏しく、事務所に所属していても大きくない事務所だった場合はそこの養成所は講師の方に払うお給料を削減しているのが分かります。業界への繋がりは薄く、育成にも力を注げていないと捉えて良いでしょう。

行きたい養成所が決まりましたら、その養成所が入所オーディションを開いているかを調べましょう。基本的には書類審査と実技審査があります。書類審査は履歴書を養成所に送れば大丈夫です。それに合格したら、実技審査に移れるといった形が多いでしょう。内容については勿論その養成所ごとに違うのですが、基本的には自己PRから実技の台本読みで個性を見たりします。後は俳優なので動けるかどうかを見たい所もあるのでアクション審査やダンス審査、歌唱審査もあったりますが、これはその養成所の育成プランの違いなのでないところも勿論あります。基本的にはあくまでこれから俳優を目指す人たちの学校への入学試験なので、完成度はあまり求められてなく、人間としての礼儀やその人の特徴を見て合否を決めるところが多いでしょう。オーディションでは基本的にその人となりを。見られるので、挨拶等をしっかりとして、質問されたらハキハキと答えるなど一人の人間として恥ずかしくないように振る舞いましょう。

 

審査に受かるには

養成所でカリキュラムをこなして、とうとう卒業となった時に提携事務所に所属できるか否かのオーディションがあります。養成所で様々な事を学んで俳優を職業としてやっていくためには事務所の力は不可欠です。養成所で一緒に学んできた生徒たちもそれが目標の一つでもあるので、養成所の入所オーディションよりも遥かに通るのが難しいものになるでしょう。

提携事務所の所属オーディションでやることは大体が実技審査です。養成所の入所オーディションと実はそこまで変わらないのです。但し、最大の違いは「この人はタレントとして商品の価値はあるか」とみられることです。事務所に所属となれば俳優としてお金をもらって仕事をするプロになるのです。事務所はお金を稼げる実力、個性、社会人として常識を持っているかを厳しく見極めます。

いくら養成所に入ってどれだけ努力をしても、卒業して所属できずにまたフリーになってしまったら意味がありません。しかし、どこのオーディションも基本的に実技審査があります。その実技審査で評価を得るにはその人次第になりますので、ストイックに努力を重ねた人ほど評価を得やすくなりますね。但し、それだけではオーディションは通りません。上記でも述べましたが事務所は貴方に商品価値を見出そうとしているのです。オーディションに通る人は実技以外にも人としての魅力や個性を最も評価いたします。俳優のオーディションに通る一番の近道は役者として芸を磨くだけでなく、人として自分自身をしっかり磨いていくことが一番大事な事なのです